このページでは1ヶ月前に乗り換えた新しい格安SIMが早いのか、遅いのかフリーテルと比べてどうちがうのか、感想紹介したいと思います。

FreetelのSIMがあまりにも遅くなってしまって5ヶ月ほど我慢しましたが、どうしてもこれはきついと思って別の格安SIMに乗り換えました。その結果お昼の時間や夜帰宅の時間帯以外には普通の速度が出るようになりました

動画の再生ネット閲覧なども普通に出来るようになりほっと一安心です。Freetelも契約した頃はこんな速度でした。フリーテルは結構速い速度が出ているなーと契約した当初は感心したものです。

この新しい格安SIMですが、やはり格安SIMです。12時や13時頃、18時から21時頃などは非常に遅くなってしまうことがあります。そういう時は動画の再生は難しくなりネット閲覧ぐらいしかできなくなります。

速度を測ってみると1Mbpsを切っていて0.5Mbpsぐらいしか出ていないことがあります。ですが、それ以外の時間はだいたい5Mbpsから8Mbpsぐらい出ていてタイパンツとしてはキャリアと変わりません。

やはり混雑する時間に速度が遅くなってしまうのが格安SIMのデメリット安い分仕方がないところだと思いました。私はあまりガリガリ使うほうではないので、速度が遅くなってもあまり気にならないです。

ですが、やはり動画を高画質でたくさん見たいいつでもサクサクにつなげたいという方にはFreetelを含め、現在新しく乗り換えで格安シムを含めて、格安SIMには乗り換えない方がいいなということを実感します。私みたいにできるだけ安く電話番号持ってたまにネット検索をするぐらいなら格安SIMでも十分に使えると思います。

変わらなかったこと

FreetelSIMから他の格安SIMに乗り換えた結果変わらなかったこともあります。それは電波の調査です。

フリーテルSIMはドコモ回線を使っていて乗り換えた先の格安SIMドコモ回線を使っています。ですので、電波の強さは全然変わりませんでした

私の家はdocomoの電波はアンテナが4本あったら2本ぐらいしか届いていないのですが、それはフリーテルから乗り換えた格安SIMでも同じでした。ドコモ回線を使っている格安SIMなら同じなんだなということを体感しました。

またアンテナが4本のうち2本しかたっていないということは電波は半分ぐらいしか届いていないということなので、もっと電波を届くところに行けばもっと早く繋げるのではないかと思う思います。

実際に自宅から離れて大通りの近くなどに行くと電波が急に強くなって高速に通信ができるようになることもあります。ですが、普段は自宅で使っているので電波が半分ぐらいの状態で使っています。

まとめ

  • 速度は混雑する時間以外は早くなった
  • 混雑する時間はすごく遅くなるのは変わりない
  • 電波の強さは変わらなかった