飲む日傘 日傘マーク 認証

最近話題の飲む日傘サプリ日傘マークとは

飲む日傘

 

飲む日傘というのは日焼け止めサプリのことですね。

 

飲む日焼け止めサプリというのは2015年から話題になっている飲んで対策するための日焼け止め。塗る日焼け止めとは少し違うのですが、また別の角度から日焼けを対策することができるということで話題になっています。

 

最近ではメーカーによっては飲む日傘という名前で販売していてこの言葉も少しずつ認知度が上がってきているようですね。

 

日傘マーク認証とは?

飲む日傘マーク認証

 

日傘サプリロゴがついているのが日傘マーク認証されている飲む日焼け止めサプリメント。
日傘サプリロゴというのは、有効成分であるニュートロックスサンが1日で250mg取れるサプリだけに付けることができるマークです。

 

最近話題の飲む日傘サプリ・日傘マーク認証とは?効く仕組みを知りたい!

 

現段階では日本のサプリメントでは、日傘マーク認証されているのは「インナーパラソル」というサプリメントのみ
インナーパラソルはニュートロックスサンが250mg取れます

 

飲む日傘というのはどんな効果があるんでしょうか。どんな仕組みなのでしょうか。飲んで日焼けに効くって本当なのでしょうか。飲む日傘の仕組みとは飲む日傘はどうして日焼けに効くのでしょうか。

 

その前に日焼けがどうして起こるのか皮膚にどんなダメージを与えるのかについてチェックしておきたいと思います。

 

日焼けの仕組み

飲む日傘

 

まず焼きには赤くなる日焼けと黒くなる日焼けの2種類があります。

 

赤くなる日焼けはサンバーンと呼ばれていて黒くなる日焼けはサンタンと呼ばれています。

 

ただ日本の場合はどちらも日焼けといわれていますね。

 

飲む日傘

サンタン

サンタンが起こるのは皮膚に紫外線Aという紫外線が当たってメラニン色素が作られて肌が黒くなるからですが、日焼けしたら3日ぐらいで黒くなってくると思いますが、それはこのサンタンです。

 

サンバーン

サンバーンは日に当たったあと何時間が経って皮膚がヒリヒリしてきたり痛くなってきたり水ぶくれができたりというような一般的にいわれている日焼けの現象を作り出すものです。

 

これは紫外線Bが原因です。

 

日焼けの美容的なダメージ

日焼けは赤くなったり黒くなったりするだけでなく、将来シワやシミそしてたるみのもとになるということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

これは紫外線Aという紫外線が引き起こす現象で40代から50代にかけて少しずつ増えていくシミやシワがこの紫外線のダメージだということが分かっています。

 

このような現象は皮膚の中で活性酸素がたくさん作られ過ぎることやメラニン細胞がよく働いてメラニンがたくさんできてしまうことが原因です。

 

飲む日傘(ニュートロックスサン)の仕組み

飲む日傘

 

飲む日傘の成分ニュートロックスサンはこのような日焼けそして美容的な悪影響をサポートしてくれます。

 

飲む日傘には抗酸化力がある成分ニュートロックスサンや、抗酸化ビタミンそして肌に良い成分美白をサポートしてくれる成分などが入っています
それで日焼けのダメージ活性酸素をコントロールしたりメラニン色素を効果的にサポートしたりすることで日焼けのダメージをケアすることができます。

 

最近話題の飲む日傘サプリ・日傘マーク認証とは?効く仕組みを知りたい!
ニュートロックスサンの実験では、54日飲んで34%、およそ3ヶ月で60%、紫外線に対する防御率が上がったことが分かっています。

 

 

外側からの対策との違い

飲む日傘

飲む日傘は日焼け止めクリームや日傘とどんな点が違うでしょうか。

 

まず日傘や日焼け止めというのは紫外線をカットする効果があります。

 

日傘をさすと日陰ができて紫外線をかくはすることができますし、日焼けどめを塗ると日焼け止めが紫外線を吸収してくれたり跳ね返してくれたりするので皮膚に紫外線が当たらないようにしてくれます。

 

一方飲む日傘というのは肌に当たる紫外線はカットできません。

 

しかし肌に紫外線が当たったあと肌で起こる悪影響活性酸素が増えたりメラニンが増えたりというようなところを内側からカバーすることができます。

 

つまり紫外線に当たる前から飲む日傘を飲んでおくという方法もありますし、紫外線を浴びすぎてしまったと思った時に、急いでたくさん飲んで内側からケアをするという使い方もできます。

 

飲む日傘は紫外線を防御することはできませんので、もちろん飲む日傘と日傘は併用しないといけませんが、内側からの対策も強化できるので紫外線対策にとても効果的です。

 

飲む日傘の3つのメリット

  • 飲むだけで簡単に全身をケアできる
  • 内側から対策することができる
  • 日焼け止めのデメリットをカバーできる

 

飲むだけで簡単に全身をケアできる

まず飲む日傘は飲むだけで簡単に全身をケアすることができます。

 

大体の飲む日傘は1日2粒が1粒飲むだけでいいので本当にとても簡単です。そして飲むタイプですので、日焼け止めクリームは濡れないようなところでもまとめてカバーすることができて便利です。

 

内側からの対策

飲む日傘

内側から対策できるというメリットで目の紫外線をサポートするということがあります。目に紫外線が入るとそれを脳がキャッチして体が日焼けしているという尻を出してメラニンを作ってしまうといわれています。ですが、内側からの対策ですので、目から入る紫外線のサポートにも役立ちます。

 

日焼け止めクリームのデメリットをカバーする

飲む日傘

日焼け止めクリームは何度も塗り直さないといけない、ベタベタする肌が弱い人は強いものが使えない塗っていても焼けるなどいろいろな不具合があります。

 

でも焼けるよりはいいので塗っている人が多いと思いますが、飲む日傘だったらそんなデメリットがなく夏暑くて汗が出て日焼け止めがベタベタになるなど不快なこともありません。

 

おすすめの飲む日傘を3つ紹介

インナーパラソル

飲む日傘で一番有名なサプリ・日傘マーク認証済み

 

飲む日傘

 

インナーパラソルは飲む日傘の中でも一番有名なサプリ
ニュートロックスサンが250mg摂取できるため日傘マーク認証を得ています。

 

飲む日傘マーク認証

 

夏の美容対策に効果的なサプリメントで紫外線の対策成分であるニュートロックスサンという成分を最高の量を配合しています。

 

最高の量というのは250mgこの量が入っていると54日間で34パーセント、約3ヶ月で56パーセント紫外線の防御率がアップするということが分かっています。

 

これほどの霊が入っているのも日傘は他にありませんので、効果を重視することは一番に選択したほうがいいと思います。

 

ただ値段が少しお高めの所が残念ですね。それと定期コースが3回購入しないといけません。

 

インナーパラソルの公式サイト

 

 

ホワイトヴェール

ニュートロックスサン125mg配合サプリ

 

飲む日傘

 

インナーパラソルは効果も強くて値段も高いというサプリメントなのですが、もう少し値段が安いサプリメントがあります。

 

それがホワイトヴェール。ホワイトヴェールも飲む日傘でニュートロックスサンという成分が125mg含まれています。

 

インナーパラソルの半分になってしまいますが、他の成分例えば美肌効果的な成分美白に効果的な成分などが様々配合されています。ただニュートロックスサンを250mg取ろうとすると2倍飲まないといけないのでコスパは悪いです。

 

ホワイトヴェールの公式サイト

 

 

やかないサプリ

価格重視の日焼け止めサプリ

 

飲む日傘

 

飲む日傘サプリで最後に紹介したいのがやかないサプリという飲む日傘です。

 

この飲む傘は7日前から飲むことで紫外線を対策するという考え方のサプリメント。含まれている成分はやはり抗酸化力が強くて紫外線サポートに効果的な5つの特選成分が含まれています。

 

やかないサプリの特徴は初めて購入するという方や一回だけ使いたいという方でも使いやすいということひと袋から3袋自分の必要な量を選ぶことができ定期コースで何回購入してくださいなどの約束などがなく気軽に注文できます。

 

ただニュートロックスサンは配合されていないので、廉価な飲む日焼け止めを試したいという方向けですね。

 

やかないサプリの公式サイト

 

 

飲む日傘を迷ったら

飲む日傘を選ぶときにどのサプリメントが一番いいのか判断に困ってしまった場合はこんなふうに選ぶといいと思います。

 

まず日傘マーク認証があるのは「インナーパラソル」だけ。ニュートロックスサンを250mg摂取したい方は、インナーパラソルが間違いありません。ホワイトヴェールは値段が安いですが、ニュートロックスサン量が半分です。やかないサプリはかなり割安なサプリですがニュートロックスサンが配合されていません。

 

 

飲む日傘はこんな方におすすめ

飲む日傘はどんな方が飲まれているのでしょうか。

 

 

  • 営業家外回り運送業などで日焼けをする仕事の方
  • 海やプールに入ったり海外旅行に行ってすごく日焼けをしてしまう方
  • 部活や体育祭、夏のフェスティバルなど外での活動が多くて日焼けをする方
  • 外出時間は短いけれど肌を黒くしたくなくてなんとか美肌を保ちたいという方

 

まず職業的に外にいる時間が多くて日焼けをしてしまう日焼けをすると仕事上まずいという方が飲む日傘を使っています。

 

そして海外旅行や海そしてハワイなどに行く時にすごく焼けてしまって後のダメージが強いという方もよく飲む日傘を使われています。

 

そして体育祭や部活動アウトドアなどで外での活動が長い釣り方が日焼けを家が分かると注が新垣対策したいという時に飲む日傘を使っています。

 

最後は美肌を目指したい徹底的に綺麗でいたい女性です。外出する時間短くてもどうしても焼けたくない行きたくないという方は外側からの対策もバッチリしています。飲む日傘で内側からの対策もバッチリしています。

 

このような4つのポイントに当てはまる方は飲む日傘日焼けをもっと効果的にサポートして行かれますので、試してみるといいかもしれません。

 

日焼けは赤くなったり黒くなったりするだけではなく何十年か後にシミやシワが一気に紛失してくるなど病的なトラブルもを抜くようです。

 

そんな対策のためにも毎年の夏の日焼け対策は重要です。

 

飲む日焼け止めをもっと比較してみたいという方にはこちらのサイトがおすすめです。
飲む日焼け止めを比較するサイト:飲む日焼け止め比較